WebChatGPTのインストール方法と使い方【Chrome拡張機能】

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

この記事では、ChatGPT3.5に検索機能を追加する、Chromeの拡張機能「WebChatGPT」の使い方やインストール方法を解説しています。

記事の内容
  • WebChatGPTの使い方とインストール方法
  • WebChatGPTの機能について
  • WebChatGPTを利用する際の注意点
目次

WebChatGPTとは?Chromeの拡張機能

WebChatGPTとは、OpenAIのChatGPTを拡張するためのChrome拡張機能の一つです。

ChatGPT3.5は2021年9月までの情報をベースにトレーニングされています。

そのため、2021年9月以降の出来事や最新の情報は反映されません。

WebChatGPTを利用することで、Webから関連する結果を取得するため、2021年以降の最新の情報も考慮して回答を生成してくれます

WebChatGPTの使い方

WebChatGPTのインストール方法

STEP
Chromeウェブストアにアクセスする

まず、ChromeウェブストアのWebChatGPTにアクセスします。

STEP
Chromeに追加をクリック

画面右上の「Chromeに追加」をクリックします。

STEP
拡張機能を追加する

最後に「拡張機能を追加」をクリックすれば、インストール完了です。

WebChatGPTの機能について

WebChatGPTの拡張機能を追加してChatGPTを起動すると、専用のツールバーが表示されます。

以下、各機能の紹介になります。

Web access

WebChatGPTのON・OFF機能です。OFFにした状態でプロンプトを入力すると、Webを参照せず、通常通りに出力してくれます。

Quick lookup

Quick lookup、Partial insights、Full insightsの3種類があり、URL元から得る情報量をコントロールできます

Quick lookup

URL元の一部の情報をプロンプトとして使用する。

Partial insights

URL元の大部分の情報をプロンプトとして使用する。

Full insights

URL元の全ての情報をプロンプトとして使用する。

results

参照するサイト数を決めれます。1〜10resultsまであり、例えば、「3 results」に設定すると、3サイトを参照してくれます。

Any time

検索期間を設定できます。例えば、「past month」を選択すると、先月の情報を元に回答してくれます。

WebChatGPTの注意点

以下は、WebChatGPTの利用する際の注意点です。

プロンプトの量が多すぎるとエラーが発生する

URL元から参照するデータ量が多すぎて、結構な頻度でエラーが発生します

WebChatGPTの仕様上、Web検索から大量のデータを取ってプロンプト化するため、メッセージの量が多すぎるので減らしてくださいといった内容のエラーが出ます。

こんな感じのエラーが出ます。

Chromeウェブストアのレビューでも同じような意見が多く見受けられました

会話形式のやり取りが出来なくなる

WebChatGPTを有効にすると、チャットボットらしい対話形式のやり取りが出来なくなります

例えば、挨拶として「こんにちは」と入力すると、単に「こんにちは」という言葉の意味を生成してしまいます。

上の画像は英語で返答してくれてますが、日本語で「こんにちは」と打ち込んだ結果です。

こちらの意図が伝わらず、「こんにちは」はどういう意味で使われるか?を解説してくれてます…笑

終わりに

以上、WebChatGPTの使い方についての紹介でした!

2023年現在の情報をChatGPT3.5に反映させる際に、WebChatGPTは便利なツールですが、一部課題もあるようです。

検索結果をスムーズに反映した回答を得たい場合は、率直にChatGPTプラスに加入し、GPT4のプラグイン「Chatgpt Web Browsing」を利用する方がいいかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次